ネットショップや通販運営の物流外注先の推移

いつもありがとうございます。ロジ・ウエイズの鈴木です。


本日は楽天データから業界の流れを考察してみたいと思います。


現在ではネットショップや通販運営者・経営者にとって、商品の発送を発送代行会社へ依頼することは当たり前となっています。


オンラインショッピングモールといえば楽天やヤフーネットショップなどいろいろとありますが、自社商品をお客様へ発送するにはネットショップ運営者の90%以上もの方が発送代行会社へ依頼します。


楽天のデータによると、その中でも、ギフト梱包での発送を行っているネットショップが年々増加しているという統計がでてます。


以前は、簡易的な包みや、ダンボールでの発送をしていたネットショップでも、時代の流れに伴い「ギフト梱包」をしてお客様を喜ばせるという企画が生まれてきています。


というのも、一昔前はギフト梱包をするには自社で行うか梱包会社に依頼をするという選択肢しか無かったわけですが、現在ではギフト梱包と発送代行がオールインワンで依頼できる発送代行会社が増えてきたことも影響とされています。


当社では、そのような物流業界の時代の流れを調査し、ネットショップや通販運営者、そして何よりも楽天やヤフーネットショップの買い手(消費者)の気持ちを考えることに着目しました。


1つめに、ギフト梱包、商品の倉庫保管、発送代行、という3つの柱をオールインワンパッケージとして、ネットショップ及び通販運営者様に、業務効率化を図っていただくということ。


2つめに、貴社オリジナルのギフト資材の調達です。これによってギフト資材の調達に掻く時間を省くことができます。


3つめに、CSVデータによる貴社商品の受発注連動システムです。


4つめに、貴社の商品購入者(お客様)に喜ばれるデザイン性のあるキレイな梱包です。この作業には内職さんを多数雇いチカラを入れています。


現在、関西エリアでここまで可能なのは当社だけです。BtoB、BtoC、双方にとって魅力的なサービスを提供しています。今後も、業界全体の流れを掴み、より利便性のある画期的なサービスを展開していきます。ギフト商品を扱っている、または今後ギフト商品を企画されている運営者様、経営者様は是非お気軽にお問合せください。