ECショップの海外へ向けた戦略

オンラインショッピングモール「ポンパレモール」が中国・英語圏向けECに進出する事を発表しました。海外発送をサポートする「tenso」と共に「ポンパレモール・ジャパン」を制作し、同サイト出店店舗は、海外転送・代理購入サービス「Buyee(バイイー)」の会員向けにも商品を販売できるようになります。


ポンパレモールは、元々、他のショッピングサイトに比べてプロモーションなどの広告費がかからないのが売りで、担当スタッフからのフォローが手厚いという特徴がありました。

今回も、その点についてかなり充実した内容となっているようです。


個別の店舗が海外向けに出店するには、商品情報の翻訳や、決済、発送、CS対応など越えなければならない壁がいくつかありましたが、ポンパレモールがこれらを行うため、日本向けに出店するのと変わらぬ体制で海外ユーザーにも販売する事ができます。


もともとのフォローの手厚さに加えて、出店店舗に取って大きな手間が増える事なくターゲット層を広げられるチャンスです。


これから、利用者が増えた場合、出店側にとっても、利用者側にとってもよりよりサービスが充実してくる事が考えられます。


単純に日本の商品を海外に売るというだけでなく、日本ならではの行き届いたサービスをも十分に海外に届けられる日が近づいているのかもしれませんね。