ECプラットフォーム「ネクストエンジン」がAmazonマーケットプレイスに対応

ネットショッピングで買い物をした時に、"はやく届くこと"ももちろん気になる点ですが、"いつ届くのか"というのも非常に気になる点です。

 

例えば海外から発送された荷物の場合、追跡機能がついていたとしてもその情報の反映自体に時間がかかることがよくあるため、何日も情報が更新されずヤキモキしながら商品の到着を待った経験もあります。

 


自分が注文した商品が現在どのような状況にあるのかを知れることで、より一層安心して買い物をすることができますよね。

 

Hameeは1月7日、バックヤード支援を中心としたECプラットフォーム「ネクストエンジン」が、 総合オンラインストアAmazon.co.jp (Amazon)の出品サービス「Amazonマーケットプレイス」の出荷通知報告の自動送信に対応したと発表しました。

 

これにより今まで提供していたAmazonマーケットプレイスの注文情報自動取込に加え、出荷完了時の出荷通知も自動で送信することが可能となり、出荷通知の送信にともなう手間を削減するほか出荷通知の送信の漏れを無くすことが期待できます。

 

一括で出荷通知のできる「一括注文完了」や、なんらかの理由で金額変更などが生じた場合に、自動送信の対象外となる受注情報を一覧することができる「金額不整合確認」などの、受注・出荷に関する情報管理をより正確・スムーズに行うことができます。

 

しかも、この機能はネクストエンジンで受注管理を行う全てのユーザーの環境で、 今すぐ利用することができるそうですよ!

利用者により快適なネットショッピングを提供できるようになりそうですね!!