物流コストを見直す企業が増えています

取り扱う物量が増加することや、ドライバーなどの人出不足に伴って物流コストの高騰が進んでいますよね。

 

その物流コスト高騰に対応するため、

各企業がそれぞれにコストをいかにして削減しより良い作業環境を手に入れるための取り組みを日々行い、

いくつもの企業がその努力により良い成果をおさめています。


ニトリもそのうちの一つです。

 

昨年6月に実現した、クラウドサービスを利用した配送計画の自動化により配送業務の効率化に成功。そして、今年の2月には高密度保管型自動倉庫を国内で初めて導入しピッキング作業を省略かし作業時間の大幅な短縮と精度向上に成功しました。

 

時期見通しでもこのような物流効率の最適化は進められる予定です。

コスト削減だけでなく、作業環境の改善も同時に行われることで企業全体の質も上がっていくことになりそうで、今後国内外での積極的な新規出店も行うと発表しています。

 

各企業様々な取り組みを行っていますが、特に、まだまだ人出不足の大幅な改善は見込まれていません。

つまり、これからも物流コスト削減への努力は必須となってくるわけです。

これはどの企業にとっても悩ましいことではあると思いますが、同時に新たなサービスや、新たな技術の発達につながることを期待せずにはいられませんね。