FUJITSUインテリジェントデータサービスとは

荷主企業や輸送事業者にとって輸送コストの削減は大きな目標の一つですよね。

その目的を達成するため、最適な物流拠点を置くことや輸送経路をしっかりと把握しそれを最善なものにしていくことが重要です。

 

富士通は企業のそういった思いに応えるため、

「FUJITSU インテリジェントデータサービス 物流プローグ分析輸送コスト適正化支援サービス」の販売を開始しました。

 

日本全国を走る貨物トラックのうち約7.5万台に富士通グループ製ネットワーク型デジタルタコグラフが装着され、そこから得た走行実績データを基に輸送情報の解析を行い、物流拠点や輸送経路の見直しによる輸送コストの削減を試算することができます。

 

これまで数値化できなかったコストを可視化し、見直し後のコストと比較できるようになることで、日々変わる輸送環境の中で最善の物流拠点や輸送経路を選択することが可能になるとあって、多くの荷主企業や輸送事業者から注目を集めているようです。

サービスの内容としては、

現状の輸送情報をエクセルで提示しデータ解析が行われた後、見直し後の輸送情報や輸送コストの算出結果がエクセルで見られるというもの。より見やすく、よりわかりやすくなることで、さらなるサービスの新しいアイディアも浮かんできそうです。

 

信頼度の高い情報の収集とその分析は、どんな業種においても重要ですが、

こういった企業努力の積み重ねが明日の物流の発展に繋がっているのですね。