アメリカでは配車アプリが流行!

ネットショッピングや、ネットスーパーの配送サービスは日に日に進化を遂げていますよね。

 

そんな中、アメリカのウォルマート・ストアーズも新たなサービスを追加すると発表しました!

 

アリゾナ州フェニックスとコロラド州デンバーで追加されるこのサービスでは、


オンラインで顧客から注文を受け取ると、まずウォルマートチームが食材を用意し配車アプリサービスのドライバーに商品を取りに来るようリクエストします。そして、商品を受け取ったドライバーはそれを注文した顧客の元に届けるという流れなのですが、ポイントは顧客が「今いる場所」で商品を受け取れるということなんです!

それは、とっても便利ですよね!

 

例えば、バーベキューをしている最中に追加のお肉が食べたいわ〜となった場合、そのバーベキューをしている場所にダイレクトに届けてくれるんです。まるで、レストランの注文みたいですね。しかも、直接ドライバーに料金を払う必要はなくオンラインで決済できるので支払いも楽々です。

 

このサービスを可能にしているのは、Uber(ウーバー)やLyft(リフト)などといった配車アプリ。こういった便利なサービスのおかげで、私たちのネットショッピングはこれからも、もっともっと快適になっていきそうですね。