物流業界にもLINEが活用されています

私たちの日常生活においての連絡手段は日に日に変化していっています。

そんな中でも、今、多くの人が使っているツールといえばLINEですよね。

 

同じメッセージでも、Eメールより手軽に感じている人も多いはずです。その手軽さから、どちらかというと友達や家族との簡単なやり取りに使われているイメージのLINEですが、その意識も今後どんどん変わっていくことになるかもしれません。

 

日本郵政はLINEを使った配達サービスをさらに拡大していくと発表しました。

今回加わった新機能は、LINEでの再配達申し込みです。

郵便局公式LINEアカウントの「ぽすくま」とのトークに再配達の希望日時等を送ることで、簡単に申し込みが完了します。

 


その他に、不在の荷物を持ち帰ったことや、郵便局留めの荷物が到着したことなどもぽすくまからのLINEでお知らせしてくれます。

 

LINEというツールが持つ、手軽なイメージが相まって、さらに郵便局の宅配サービスが身近で利用しやすいものに感じられそうですね。

 

さらに、このぽすくまとLINE上でつながることでもらえる、ぽすくまのLINEスタンプもリリース予定とあり、さらに認知度も高まっていくことでしょう。今後のぽすくまのキャラクター展開も含めどのようにサービスが広がっていくか楽しみですね。

 

このようなLINEをはじめとしたソーシャルメディアを活用した物流サービスもこの先の未来に増えていきそうですね。