物流に重要な包材のクオリティーを上げる新素材

物流に置いていかに安全に物を運ぶか、いかに速く物を運ぶか、いかに低コストで物を運ぶかなど様々な要素が重要になってきます。それら様々な要素の中の一つである「品質」。

いかに品質を保って運び届けるかというポイントに置いて、包材は大きなキーワードになってきます。

 

大日本印刷はフィルムメーカーと協力し食品やトイレタリー用品のパウチ向け包材により適した新素材を開発しました。今回開発された新素材はナイロンフィルムを使用しない新フィルムで、従来のナイロンフィルムで問題になっていた吸湿性の高さやパウチ包材の変形などのトラブルを防ぐ効果が期待できます。

 

この新フィルムは包材を今まで以上に薄く仕上げることができ、従来のように2枚のフィルムを重ねてはり合わせる必要がありません。そのため、作る前の原材料調達から役目を終えて廃棄されるまでの工程を省略できるだけで少なくし、ゴミやCO2排出量も削減することができます。

 


日本の包材のクオリティーの高さは世界でもかなり高いレベルを誇っていますが、同時に日本の過重包装については様々な場面で問題視されることも多くありました。

細かなところまで行き届いた心遣い日本が誇るサービスの一つでもあります。これからも、品質を保つだけでなく環境に優しく細かなところまで目の行き届いた包材が開発されていくことに期待したいですね。