ちょっと時代に逆らうCO2削減の「エコ配」がおもしろい

「ほぼ人力」でおなじみの「エコ配」は、荷物の配送に自転車を使用することでCO2排出量を業界平均に比べて30%近く削減できる、その名の通りエコロジーな配達として知られています。

 

また、エコ配のエコは「エコロジー」だけでなく「エコノミー」も意味しており、運用コストが安い自転車を主な配送手段としていることはもちろん、集荷エリアの効率化や荷物サイズの標準化によって、より無駄なく配送を行いコスト削減を実現しています。


大手の宅配業者のように、再配達依頼の時間指定枠が細かく分けられていたり、ドライバー直通電話にかけてすぐに再配達といったようなサービスはないのですが、目的と予算に合わせてダブルなエコを生かしたエコ配を有効活用するのは非常に賢い方法です。

 

エコ配は6月1日から平日の電話受付業務の運営時間を1時間短縮すると発表しており、一部の利用者にとっては多少不便な面も出てくるかもしれません。しかし、労働環境の改善、省エネ等の観点から、物流業界以外でも営業時間の見直しが進む現在、自然な流れとも言えますね。

 

これから、とことん便利さとスピーディーさを求めたサービスと、急がない完璧を求めないゆったりとしたサービスの二極化がさらに進みそうです。