不在時の宅配便受け取り問題や再配達問題の解決に繋がるアンケート結果

当ブログでも度々話題に上げている「不在時の宅配便受け取り問題」や「宅配便の再配達問題」ですが、プラネットが宅配便に関する意識調査を行い、その中に不在時の宅配便受け取りに関しての質問も組み込まれました。

 

この調査によると、「不在で荷物を受け取れなかった際の理由を教えてください」という質問に対し、半数以上の55%に当たる人が「荷物が配達されることを知らなかった」と答えています。確かに、誰かに贈り物を送る場合、サプライズ的な意味や、(贈り物をすると先に伝えることで)相手を恐縮させてしまわぬようにといった配慮から、事前に荷物の到着日時を伝えずに発送することはよくあるのではないでしょうか。

「わざわざ事前に相手の予定を聞くほどでもないし、不在票が入れば相手の好きな時間に受け取ってもらうことができる」と考えたことがある人も多いのではと思います。

そういった事情はあるにせよ、半数以上の人が「配達されることを知らなかった」という理由で宅配便の受け取りができなかったのだとすると、「不在時の宅配便受け取り問題」を解決する大きな糸口がそこにあるように思えますね。

 

この先、送り人が時間を指定しなくとも、配達前に何らかの方法で受取人が配達されることを知り事前に日時の指定等ができるシステムがさらに充実していきそうです。