荷物の場所と到着予想時刻を直接確認できる「見える化」とは

配達中の自分の荷物が今どこにあるのか、自分の荷物を運んでいる車両が今どこにいるのか、そんな追跡の歴史が始まってからたくさんの技術が開発されてきました。

 

検索の画面上では「お届け中」になったままで情報が止まっていて、配達が完了して何日か経ってから表示が「お届け済み」になったという経験をしたことがある方も少なくはないのではないでしょうか。

これは追跡の意味があるんだろうかと苦笑いしながら画面を眺めてしまっていた日々も遠く、なんと最近では5秒間に1度という高頻度で位置情報を取得し確認できるサービスまで登場しているのです。

 

Hacobuが提供する事業者向けのサービス「ムーボ(MOVO)」で、荷物を運んでいるトラックのリアルタイムの場所と到着予想時刻を荷主が直接確認できる「見える化」を開始しました。

 

こちらは、インターネット上でムーボのマイページにアクセスすることで確認可能となり、非常に正確でリアルタイムな情報を受け取れるため荷主にとって大変便利なサービスとなっています。

 

この5秒に1回という頻度は業界の中でも最高で、これを可能にしている専用端末「ムーボスティック」は車両搭載後の給電や都度の操作も必要ないため、ドライバーの負担になることなく、ドライバーにも荷主にもどちらにとっても利用しやすい環境となっています。

状況を把握できる安心感というのは非常に大きなものがありますが、これからはどんな風に進化を遂げていくのでしょうね。