ネットショップ側も配達側も助かるオープン型の宅配ロッカー「PUDOステーション」

街や駅などで「PUDOステーション」というものを見かけたことがあるでしょうか?

 

オープン型の宅配便ロッカーで、パックシティージャパンが契約している宅配会社が利用することができるものです。利用方法はとても簡単で、指定されたパスワードを入れるだけですぐに自分の荷物をロッカーから取り出すことができます。


都市部を中心にPUDOステーションが設置されており、PUDOステーションのロゴが入った専用ロッカーは見つけやすく利用しやすい場所にあります。

 

そんなPUDOステーションですが、5808ブランドのアイテムを取り扱うことでも知られる国内最大級のファッション通販サイトZOZOTOWNのお買い物時にも利用できるようになったと、 ZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイとヤマト運輸が発表しました。

 

今後、PUDOステーションは首都圏を中心に全国的に拡大が予定されており、2018年3月までに3000か所に増える見込みとなっています。

好きなときに注文できるのがECサイトの強みですが、PUDOステーションが充実していくことにより、好きなときに受け取れるサービスがますます拡大していくことになります。

 

コンビニなどでの受け取りももちろん、時間を選ばず受け取る方法の一つではありますが、PUDOステーションの場合はさらに、「パスワードを入力するだけで商品を取り出せる」ため、仕事に疲れて誰とも話す気力がないときにでも自宅のポストを開けるのと同じ感覚で商品を受け取ることが可能です。

 

忙しい現代人のライフスタイルに合わせたサービスがまた広がっていきそうですね。