意外に難しい?商品の識別

例えば自分の作品などを個人でショップを経営している場合には、一つ一つ名前などつけなくても、それがたとえ非常に似た見た目であっても、ママが人ごみの中でも我が子をすぐに見つけられうように容易く識別できるかもしれません。

 

しかし、取扱商品が多ければ多いほど、そして、業務に関わる人の数が多ければ多いほど、そんな風に何の目印もなく商品を識別するのは困難になります。


何かを識別するための一番基本的な方法は名前をつけることではないでしょうか。しかし、ショップで取扱う商品の多くは同じ系統のものが多くなります。例えば、Tシャツ屋さんでしたら、取扱商品のほとんどがTシャツやその関連商品でしょうし、お米やさんでしたら、その取扱商品のほとんどが米やその関連商品といった具合です。

 

そんな時に名前で識別しようにも、名前自体が非常に似てしまい紛らわしくなってしまうのは想像に難しくありません。

 

そんな時に役立つのがバーコードです。商品をバーコード管理することで、紛らわしい商品が多数ある場合でも、また、その商品を取り扱う人が複数いる場合にも安定した商品管理が可能になります。

 

また、商品を管理する担当者が変わったりなど、商品自体に詳しくない人が管理をしなければいけない場合にも、あらかじめバーコードに商品の情報がしっかりとインプットされていれば問題なく業務を引き継ぐことも可能になります。

 

また、バーコードリーダーやパソコンなどの機器を使って一括で商品を管理できるため、ミスを大幅に減らすことが可能です。商品の取り扱いにバーコードは必要不可欠と言えますね。