ネットショップの決済方法

ネットショッピングが今ほど主流ではなかった頃、なんとなくネットで買い物をすることに抵抗を感じる人の多くが支払いに関する不安を抱えていました。

 

クレジットカード情報を入力しても大丈夫なんだろうか?悪用されないだろうか?ですとか、代金を支払ったのに商品が届かなかったらどうしよう?といった類の不安です。


もちろん、今でも、こう言った不安は付きまといますが、様々な決済方法の登場により、少しずつ軽減されてきました。

そしてどんな風に支払いをするかは、ネットショッピングの利用者にとって安全性だけでなく、便利さや、スピードを考える上でも重要になってきています。

 

例えば、利用者が銀行振込での支払いを選んだ場合、クレジットカード情報の入力こそ必要ありませんが、購入後即日発送されるサービスが利用しづらくなります。またショップ側としても、入金確認をしなければならず、しかも入金が確認できなかった場合に翌日以降に再度入金確認を行わなければならないため手間が増えるわけです。複数の利用者が少しづつ時差を持ってこの決済方法を選択した場合、ショップ側は手間が増えるだけでなく確認ミスなどが生じる場合もあります。

 

しかし先に述べたように、クレジットカード情報が必要ないため、クレジットカードを持っていない利用者や、クレジットカード情報を入力することに抵抗がある利用者でも選択しやすく、振込先が同じ銀行の場合や振込手数料が無料の銀行口座を持っている場合には代引きのように手数料を支払う必要がありません。

 

もちろん、銀行振込と同じように、他の支払い方法にもそれぞれのメリットデメリットがあります。それをしっかりと把握した上で、自分のショップにはどんな支払い方法が必要なのかしっかりと見極めることがショップ運営の1つのキーになりそうですね。