ECサイト(ネットショップ)運営においてネックとなる商品の発送業務を業者に依頼するとどのくらい得をするのか

実店舗がある場合も無い場合も、ECサイトで商品販売をしたときにはその商品を購入者のもとへ送り届ける「発送業務」が必須となります。

 

この商品発送という作業は、購入品を手にした消費者が、その店の良し悪しを判断する指標となりますので、気を抜けない業務であるといえるでしょう。


対応の早さを求められる今の時代、受注から発送までの時間も、短いほうがより良いショップとみなされます。受注件数が多くなるほど、発送業務にかかる負担は増えていきます。

 

スタッフ数でカバーできますが、対面対応が必要な実店舗とは違い、ECサイトでは少人数でさばけるのが理想的ですよね。

 

そんなときに助けになるのが、商品発送代行をしてくれる業者の利用です。発送代行にかかる費用としては、基本的にかかる「システム利用料」「商品入庫」「検品」「保管」「取出」「梱包」「配送」、これらと、オプションで「チラシ封入」「ラッピング」などを依頼することも可能です。システム利用料は無料のところもありますが、出荷数に応じて数万円かかる場合もあります。

 

また保管料も同じく、商品点数によって費用は変わってくることが多いです。そういった固定費のようなもの入れたとしても、月の出荷数が500~1000件程度の場合、一つの商品の出荷にかかる費用は、およそ700円前後~800円前後となってきます。ここで重要なのが、これらには配送費用が含まれているということです。

 

発送1件あたりにこれだけ費用がプラスされると思うと高いような気分になりますが、これには「配送費用」が含まれていますので、「発送作業」にかかる人件費分がまるまる浮くくらいの得があります。スタッフ増で賃金プラス諸々の経費が増えるよりも、むしろ非常に効率的といえるのではないでしょうか。