物流業界で話題のロボット「EVE」とは

人工知能(以下AI)の普及が年々高まっているのは、家庭用AIアシスタントが私たちの生活に入ってきていることから容易に窺い知れることでしょう。

もちろん物流業界にもAIロボットが登場しています。「EVE」と呼ばれる、中国のギークプラス社が開発したAIロボットは、アリババグループやVIPShop、Suningなど20社以上のクライアントを抱え、およそ1500台を納入している実績があります。


このEVEは日本でも導入が始まっています。日本では、アッカ・インターナショナルという企業がEVEの初のクライアントになりました。ECサイトを支える物流代行サービスを提供するこの企業は、400以上のアパレルブランドを取り扱っていて、効率化を目的に業務オペレーションをロボット化しています。EVEを導入する事例は増加しているので、日本でも利用を検討する企業は今後増えてくるでしょう。

 

EVEが注目を集めている理由として、いくつかの特徴があります。

まず、省人化効果による効率のアップです。AI物流ロボットの導入により、ピッキングや棚入れ作業の作業効率がアップします。人がピッキングする場合、商品をとって棚入れをするまでの移動時間がかかりますが、EVEを導入して情報をインプットすれば、作業者の前に自動的に棚が来るので、歩き回る作業時間が省略できるのです。

 

さらに、倉庫レイアウトを最適化を図ることができます。EVEがシステムをコントロールしていく中で、各データが蓄積されます。人気商品を認識し、よく商品が動くその棚を出荷場近くに自動的に移動することが可能です。条件により倉庫レイアウトを最適化できるので、製品や出荷頻度などにより、カスタマイズして様々な使い方ができるのも大きな特徴です。

 

このように、スタッフにかかる作業量を軽くすることで作業員の削減や一人当たりの作業時間の削減か可能になります。過剰な人件費分を導入費用に充て、数年使用すれば初期コストの回収も十分見込めるでしょう。EVEを活用すると情報をどんどん蓄積し、より効率的に作業するためにはどうすればいいか、トラブルがあった場合どのように対処すべきかを学習していきます。導入期間が長くなればなるほど、どんどん成長してくのです。

 

拡大し続けるEC市場には、また大きな波がきています。IoT=モノのインターネット、身の回りの様々なモノがインターネットに接続され、情報交換し相互に制御するというこれは、車や家電などにも導入されてきていますが、急速な拡大が想定されるものです。収益増大も見込める市場ですが、物流オペレーションをこなせるかどうか、システムを対応させられるかどうかなど懸念点は少なくないでしょう。

 

そこで注目をされているのが、EVEのようなロボットの存在です。ピッキングは速度・精度ともに高く、信頼できるシステムであることはすでに導入済みの企業により明るくなっています。AIシステムは故障やメンテナンスが気になるところですが、使用しているギアをサイズによって耐久性を変えるなど、部品の交換が早く簡単に済むようなシンプルな構造にしているところも魅力の一つです。

 

これから運営を拡大していくにあたって、倉庫内の作業の省人化・効率化を求めているのであれば、AIロボット「EVE」の導入を検討してみる価値は十分あるといえるでしょう。