ポイントを抑えて物流を効果的に管理する

作業の自動化や人材・受注管理の調整などの管理には、さまざまな要因が関係しています。

 

ビジネスの成長を図っていくためには、受注量の改善など物流計画のプロセスを見直し、合理化する方法を見つけることが必要です。


売り上げ目標などを達成するためには、計画が必要です。商品の調達、在庫管理、配送システムなど、そしてそれに付随するコストと時間も考えなければなりません。運営者はこういった作業全体の流れを考え、最小限の時間で最大限の結果をいかに達成していくかを目指していくのです。もちろん、不測の事態にも備えが必要です。商品の不備、天候や交通事情での配送遅延、人手不足といった内部問題などに対応するには、それなりの経験が必要となってきます。自分の経験だけでは不安があるようならば、それを専門とする業者への業務委託なども考慮すると良いでしょう。

 

さて、物流管理に大事なポイントについて考えてみましょう。

 

例えば倉庫管理については、自社の取扱商品に適した倉庫管理をしましょう。生鮮食品を扱うのならば当然冷蔵設備が必須です。食品でも穀物などの場合は湿気や水分のない環境が要ります。空間の使い方も重要です。デッドスペースは少ないほうが良いので、重いものは下に、軽いものは上にして垂直格納をし、保管容量をできるだけ大きくしましょう。もちろん安全管理はお忘れなく。

 

また、自社の物流システムを構築する、或いは見直すときに、新しく挑戦することがどれくらいの結果を作ったか、測定、分析し、最適化するために調整していかなければ意味がありません。実際にシステムを使った従業員により良いアイデアを聞くのも良いでしょう。現場の声は正直です。システムの欠陥を明らかにし、より効率的な物流管理を作り上げていきましょう。