インフルエンサーマーケティングでビジネスを成長させる

マーケティングは商売の中で要といえる非常に重要な部分で、ここを攻略するのは非常に難しい問題です。

 

あなたが取り扱う商材を適切なターゲット層に売り込むこと。これに有用で、今の時代に非常にマッチしているものの一つが、インフルエンサーマーケティングです。


インフルエンサーマーケティングとは、大衆に対して影響力を持つ人に、情報を拡散してもらう方法です。例えばジャーナリスト、学者、またはSNSやYouTuberといった個人的な影響力のある人が、商品の機能と利点について詳細に話したり書いたりして紹介することで、ターゲット層の購買意欲を駆り立てるのです。広告を出して大勢の消費者に直接マーケティングするのではなく、代わりにインフルエンサーに費用を払って消費者に商品の魅力を伝えます。

 

大きな利点として、不特定多数の消費者向けに広告を出すよりも、取り扱い商品のターゲット層に対して影響力を持っている人を選ぶことができるという点があります。ある統計によると、テレビで流される芸能人が商品アピールをするコマーシャルよりも、インフルエンサーの意見を信頼する人が若い層を中心に増えているということです。

 

そして実際にインフルエンサーマーケティングを取り入れたところ、これが効果的であり、継続して利用する、予算を増やすなど前向きな取り組みを行っている企業が非常に多くなってきているという統計も出ています。

 

今の消費者は昔の消費者と同じではありません。以前はテレビやラジオの情報は信頼と影響力がありましたが、今ではテレビに出ていることが信用に直結しないのです。それよりも、自分が日ごろからネットで情報を得たり、メッセージなどのやりとりをして「近しく」なっているインフルエンサーの伝えることのほうが、より信用度が高くなっているのです。いわゆる昔でいうところの「口コミ」の力が、現在ではインフルエンサーの力にあたります。

 

成功事例はもうたくさん出ています。あたらしいマーケティングを試さない手はないのではないでしょうか。