物流ビジネスを支えるAIシステム

AI技術は、組織が物流の分野で競争力を持ち、維持するために必要なものです。物流、輸送、サプライチェーンの業界では「大きな変革」の時代を迎えたと考えています。

 

大規模、小規模を問わず、物流およびサプライチェーンのプロセスにAIを採用している組織が増えており、現在取り入れていない組織の多くもAIの導入を検討しています。


AI-人工知能は、人間の思考を模倣し、自動化し、複製し、そしてより効果的に行動できるシステムです。人間が積み上げたデータ能力を共有しています。そして多様な情報を認識し、学習し、解決策を生み出す能力をも持ちます。全てに対してパーフェクトな答えを出せるかと言うと、やはり多少のエラーは出ていますが、音声やテキスト、画像認識技術が進むにつれてAIシステムの機能はより高度になっていきます。

 

物流において、高レベルのデリバリーサービスと高い顧客満足度は非常に重要なポイントです。受注、ピッキング、請求書やWebフォームへの記入、正しいデータベースへのデータの配布などといった日常的な作業の自動化が可能になります。また受け取った注文、住所、日付などに関する重要な情報を抽出するのに役立ちますので、会計タスクも自動でき、請求書トラブルや規制準拠の検証などセキュリティ面でも大きな効果が期待できます。

 

商品の輸送には航空、鉄道、船便などさまざまな手段が採用されていますが、自然災害やストライキなど、サービス提供に支障をきたす可能性はいつでもあります。AIはよりスムーズな配送にも必要です。リスクを軽減し、起こり得る問題を防ぐための予測を生成するために、デジタルおよび衛星地図と交通に関する情報を使用してルートを最適化するのに役立ちます。リアルタイムで時間、場所、交通状況、変化する顧客の要求を考慮して処理することができるのは非常に力強いことです。

 

一流の物流組織は、すでにAIを利用しています。AIは人間が蓄積したデータを使っていますが、データ主導で意思決定がなされるので効率が良く、人間を上回るように開発されています。物流AIの機能はまだまだ伸びるでしょう。