小売業におけるギフトラッピングの大切さ

商品を売るためには、購入者の心をくすぐる要素が必要です。鈍った感性では商取引の成功を手にすることはできません。

 

視覚的な関心を生み出すのに、比較的安価で効果的に訴えることができる方法がギフトラッピングです。ギフト包装は誕生日やクリスマス、バレンタインといったイベント時に注目されますが、顧客がとても喜ぶサービスです。


商品を選ぶときに無料の付加価値があると、購入への後押しになります。無料のギフトラッピングは強い武器です。

 

これまでギフト包装の用意がなかったとしても、それらはすぐに整います。リボンと包装紙、ハサミがあればできることです。ただし、そこにショップの色、個性を取り入れることが大切です。難しいラッピングテクニックを習得するわけではありません。

 

立体感を出せるように芯の入ったリボンにする、ショップのロゴカラーなど特徴のあるラッピングスタイルを作る、などです。贈り物の用途や受け取る人の年齢、性別などを考えて数色のリボンと包装紙があると良いでしょう。

 

ラッピングサービスを始めるときには「できるだろう」で開始すると本番で失敗する可能性が高いです。四角いもの、丸いもの、柔らかいもの、硬いものなどそれぞれ、安い紙でいいので予め包み方を練習しておくと、時間に余裕のないシーンでも、正確で迅速なラッピングができるようになります。

 

忙しいショップでは特に、急なオーダー時には雑な仕事になってしまう可能性があるので、前もって予習しておくことが大事です。

 

ほんの少しのチャレンジと創造性が、購買のチャンスを広げます。カラフルなラッピングは購入者の注目を集め、商品を目を引くものに変えます。ラッピングにかかる経費はマーケティングや広告予算の一部として考えても良いでしょう。