倉庫作業で起こりやすい間違いを防ぐには<1>

きちんとした商品をきちんと顧客に届けるということ―商品管理がECサイト運営のキーであるといっても過言ではないでしょう。

 

あなたの倉庫はしっかりと管理されていますか?上手く運営できていると思っていても、慢心してはいけません。


自社の倉庫に問題がないか、いつも注意し、落とし穴がないか警戒し続けるのが良いでしょう。特にイベントシーズンにはミスが起こりやすくなります。作業者も管理者もミスに陥らないよう、気をつけるべき8つのポイントを見て行きましょう。

 

1:過剰在庫を避ける

業務のスリム化や在庫削減を奨励していても、在庫を過剰に保管してしまうのは最も一般的な倉庫保管ミスの1つです。特に卸売業者は、商品を大量購入した際に大幅な値引きになるという魅力のために、過剰在庫に陥りやすいことがあります。在庫が多いと管理にかかる人件費も時間も場所も、いろいろな事にコストがかかります。大量購入であっても、必要なときに分割しての受け取りが可能になるよう、販売側と交渉してみると良いでしょう。

 

2:倉庫内パスは効率的に

受注内容を確認して、ピッキングをし、発送エリアに渡す。この一連の流れに無駄があると、全体のサイクルに影響を与え、生産性が最適にならず人件費だけが過剰にかかる可能性があります。層庫内の流れがスムーズになるようなルートを作成するのは簡単ではありませんが、トライアルアンドエラーを繰り返して効率化を図るのは長い目で見て価値のあることといえます。

 

3:書類はアナログからデジタルへ

もはや紙ベースの業務管理は、小規模企業であっても非効率で時代遅れといわざるを得ません。紙という物の汚破損・紛失による業務の滞り。減ることの無い消耗品。これらを続ける必要はありません。複雑で高価なシステムに投資する必要はなく、会社のサイズにあったシンプルなソフトを使えば良いのです。