メールマーケティングを始めてみよう!

SNS発信が多い昨今ですが、不特定多数ではなく狙った顧客に打つことができるメール戦略は、アナログなようで大きな効果を得られるマーケティングです。

 

まだ試したことがないのなら、やらない手はありません。


まずはショップのメールアカウントを設定しましょう。ホームページを持っているショップなら大体は設定済みかと思いますが、そうでなければ作らないと先に進めません。Yahooやgoogleのフリーメールで送ることもできますが、送信エラーも起こるので独自ドメインを取った方が信用も上がって良いでしょう。

 

アカウントができたら、メーリングリストを作ります。オンラインショップで必ずやっておくべきなのが、メールアドレスの収集です。多くの人は情報がほしいだけのとき、住所を教えるのは嫌がりますがメールアドレスは比較的簡単に開示します。

 

オンラインショップを開設したら、できるだけ早い段階で顧客のメールアドレスを集めておきましょう。サイトのトップページ、会社概要のページ、ブログページ、商品ページと、機会を逃さないよういろんな場所にメール登録フォームを設置します。このとき、こちらからメール送信をする際の許可を相手に求めておくと、メールマーケティングを開始するときスムーズに事が進みます。

 

登録者数を早く増やしたいのなら、なにか魅力的な仕掛けをする必要と良いでしょう。定期的なお知らせだけで関心を引き続けるのは容易ではありません。メール登録者限定の商品を用意する、登録者向けに割引セールを実施するなどといった金銭的な仕掛けは、直接的に顧客に響きます。販売している商品についての有用な情報を提供するのも好奇心をそそるでしょう。

 

商品購入者にアカウント作成を求めてそこからメールアドレスを取得するのは流れとしては良いですが、いちいちショップごとにアカウントを作るのに嫌気がさしている人が多いのはご存知でしょう。自発的に、好意的に登録してくれるような状態が、長期にわたって見込み客や顧客をフォローアップしていける道につながります。