お客様とより良い関係を築くには

顧客にたくさん店を利用してもらうための努力は、運営のために重要なことです。

 

店舗でもネットでもどんな形態でもスムーズに買い物ができるオムにチャネル、迅速な注文処理、競争力のある価格設定など、取り組むことは多くあります。

そして、顧客を知り、信頼してもらうために「適切に個人的に繋がること」は、いつの時代も良い方法であるのです。よりパーソナルな関係になることは、顧客に特別な感情を抱かせます。

 

イベント時など、多くの初めての顧客に出会ったとき、これらの顧客をリピートさせるように誘導しなければいけません。最初に財布を開かせるのが小売にとって最も難しい部分です。

2回目の購入に繋げるのは1度目よりは簡単です。

ダイレクトメールを使用して顧客に再度アプローチすることをお勧めします。ダイレクトマーケティングはメールが多用されていて、顧客も開かないことが多くなってきています。

 

初回の購入を検討している顧客には電子メールで数多くアピールするのも良いですが、ターゲットに強く訴えたいのなら、手にとって読めるハガキも検討してみてください。手書きの手紙を受け取ることは、電子の文字を読むよりも心に訴えるものが違います。

 

ターゲットは分類しておきましょう。セグメントに応じてより関連性の高いコミュニケーションをとります。年齢、住所、購入価格、購入履歴など、できるだけ細かく分類しておくとターゲットを絞るときに便利です。関西地区の顧客をターゲットにしたいときもすぐできますし、イベントのときしか購入しない顧客にはより強くアピールすることが可能となります。