発送代行業者を選ぶときに考えたい5つのこと

ECサイトの運営をしていくうちに、業務量と今後の展望を考えて発送代行サービスを利用しようと考えたとしましょう。

 

サプライチェーン管理を外部委託できるようになり、コストは削減され、よりシンプルにビジネスに取り組めるようになります。

 


しかし、パートナーとなる業者を選んだらよいかとなると、どう探していいかわからない、という問題に直面していないでしょうか。

どんなサービスを必要としているか、どこまで自由に利用できるか、コストはどれくらいが妥当か。何に気をつけて探すと良いか、5つのポイントを見てみましょう。

 

1.包装サービスの工夫

あなたの取扱商品に対して、どのように管理してよりよい発送をしてくれるのか。パートナーが持つ工夫の幅は、顧客満足度につながる重要なポイントです。良い業者はあなたのニーズに合わせられるようにいくつも質問をしてくるでしょう。どこまで何をしたいか、具体的に応えられるようにしておきましょう。

 

2.サプライチェーンをアウトソーシングする能力

良い発送代行業者は、サプライチェーンの必要な要素を管理できなければなりません。要素には、労働力、包装機械、材料、倉庫保管、そしてロジスティクスが含まれます。自社管理でも、他の会社との提携でも、各要素において長所と短所を評価して、あなたが求めるものに適しているかどうか、判断ができます。

 

3.課題に直面した場合の適応性

優れた発送代行業者は予期しない問題が発生した場合のために常にバックアップ計画を立てます。事故に天候異常、パンデミックなど、トラブルの可能性は数多くあります。問題が起きた時に適応できるパートナーを選びましょう。

 

4.発送代行業者の場所

自分の会社の近くにある業者を選ぶことをお薦めします。場所が離れていると、預ける商品を移動させるのにもコストがかかります。

 

5.サービス利用のコスト

良いサービスにはそれなりのコストがかかるものですが、予算があるのも事実です。不必要なものはないか、取扱商品に相応するサービスであるかどうかはパートナーと話し合いましょう。